2018夏休みのキャンセル待ちから始まった特典航空券はどうだったのか?

2017年夏休みのJAL国際線特典航空券は3人分の往復のうち、往路がビジネス×1人・エコノミー×1人、復路がビジネス×1人取れたということになりました。ちなみに往路のもう1人はデルタ航空特典航空券で発券、復路の2人はJALの現地発特典航空券(JMB片道運賃より安かった)という結果でした。さて、今年も結果が出ましたので記しておきます。



スポンサーリンク

 

 

2018年夏休みの旅行計画

管理人が毎年取るJAL国際線特典航空券がなぜグアム行きなのかというと、単純に毎年マイル口座にたまっているマイルが年間10万マイルほどしかなかったのがひとつの理由です。

2017年に陸マイラー活動を始める前までは、JALカードのショッピングマイルが98%ほど占めていたので限界があり、ちょうど1人往復2万マイルのグアムは手頃なマイルで家族4人満足に遊べる場所だったわけですね。

子供たちからはグアムも慣れているのでいいのだけれど、違うところにも行ってみたいと言われていました。

陸マイラー活動を始めてマイルがたまり始めたところだったのと、2017年はすべてJAL国際線特典航空券で発券できなかったのでマイルを使い切っていなかったので、1人往復4万マイルのハワイに16万マイル使って行こうという事になりました。

それも2017年9月に就航のハワイ島・コナ行きです。ホノルル行きは空席が出やすい反面、便数が多いので便を絞るのが難しいと思ったからです。

ちなみに管理人一家は基本的にJAL国際線特典航空券はエコノミーで取っています。陸マイラーと言えば、ビジネスでハワイというのが多いですが、ビジネスクラスだと1人往復8万マイル必要となり、×4人となると32万マイル必要になるんですね。

32万マイル貯まるまで待つより、すぐに行ける、回数行けるということを優先して、さらに席の動きが激しいエコノミー利用というわけです。

 

特典航空券スタートダッシュ。

特典航空券の予約開始日(355日前)に予約を入れることは初めての経験でした。先の予定が組めなかった管理人一家ですが、ダメ元で旅程を決めて予約を入れることに決めました。ところが暗雲続きの管理人のJAL国際線特典航空券ですから、一筋縄ではいかないんですね。

予約開始日は妻は仕事、管理人も仕事のため予約デスクに直接電話をかけることが出来ませんでした。当日の夜になって妻が帰宅してからキャンセル待ちを入れることになりました。

往路だけでなく復路の予約開始日も同じ状況だったため、いちかばちかで決めた先の旅程にも関わらず、相変わらずキャンセル待ちからのスタートとなったわけです。

まぁ搭乗日の3ヶ月前まで(キャンセル待ちお預かり期限)にどうせキャンセル待ちは動かないだろうし、このまま放置でいいだろうと思い放置していました。

 

なぜか復路だけ取れた

放置していた2018年夏休みの特典航空券のキャンセル待ちの記録でしたが、2018年1月のある日、いきなり4人分の復路の席が取れてきました。

4人分の記録は4人まとめての予約記録ではなく、ひとりひとり別々の記録にしていたのですが、4人のキャンセルがあったのか?2017年9月に就航したばかりのコナ行きなので席のコントロールもわかってきて開放されたのか?わかりませんが同時に4人分取れたのです。

いままでグアム行きだと7ヶ月ちかく前にキャンセル待ちすら入れたことのない管理人ですが、こんなに早い段階でもキャンセル待ちから取れるんだなとびっくりした記憶があります。

とりあえず帰国便が取れたので、行けるかもしれないという光が見えたような気がして、ホテルの予習を始めたというわけです。

 

往路はなかなか取れてこない

ハワイ島のホテルの予習を始めたものの、復路が取れて1~2ヶ月経っても往路はまったく取れる気配がありませんでした。というより、有償席がずっと満席の状態が続いていたので、取れるわけがないだろうと予測できましたし、期待もしていませんでした。いつものことですので。

ところが、行先がハワイになったことで(にぎわうオアフ島ではないのですが)、家族がまだ決まらないの?まだ決定しないの?と春先から聞いてくるようになり、ちょっと焦りも感じましたが、妻はいつものように有償席も満席なことだし、席が動くのは1ヶ月を切ってからになるだろうと言っていました。

最初のキャンセル待ちお預かり期限の出発3ヶ月前、管理人の希望する日程というか、その前後1ヶ月くらいはキャンセル待ちすら入れなれない、『クローズ』という状態になっていました。仕方がないので根気よく毎日JALホームページを確認し、ようやくキャンセル待ちが受け入れられる状態になったのは7月に入ってからでした。

この頃にはホノルル⇒コナの国内線を取っても良いかとも思い、有償席に空席がある便に絞ってホノルル行きにも複数キャンセル待ちを入れましたが、1週間のキャンセル待ちお預かり期限はあっさりやってきてしまっていました。

 




 

行き先変更も考える。

ハワイ島のホテル予習はしていたものの、特典航空券が取れないので当然ホテル予約には至っていませんでした。もちろん、キャンセル料無料で取れるホテル予約の方法もありますが、往路は候補の日にちを3日間作っていたので、どうにも取りづらかったのもありました。

いっそのこと、確保できている復路を払い戻して(1人3000円×4人は痛いけど)、アジアリゾートでも空席を探し始めました。

ベトナムのダナン、ニャチャンはハノイ経由ならプレエコやビジネスに空席があり、アメックスで貯めたBA(ブリティッシュエアウェイズ)のマイルも使えるしいいなぁと思いつつも、当日中に乗継できないのがネックでした。

バリ島は隣のロンボク島で7月に大きな地震があったので、津波のことを考えると行きたい気持ちはあるものの、決定には踏み切れない気持がありました。

あとはクアラルンプールやシンガポールは空席は無く、フィリピンのマニラも席はいっぱい。バンコク経由のサムイ島なんかも視野に入れ始めました。

いちばんの候補はベトナム・ダナンでしたが、コナの復路を払い戻したうえでのプレエコやビジネスのマイルを使うのはもったいないかなぁという気持ちがありました。

 

あきらめたころに

出発希望日の2週間を切って、次のキャンセル待ちお預かり期限まで待ってみてそこでアジアに行き先変更しようと決めたころ、管理人と妻のコナ行きが1日違いで取れてきました。

管理人と妻だけ取れても行かないし、有償席も8席以上空席があるようだったので、ここはプッシュが効くかもと思いJGCデスクへプッシュのお願いの電話をしました。

キャンセル待ちから席が確保できると、即発券(マイル引き落とし)せずにキャンセル待ちお預かり期限まで確保しておけるので、その日を目安にしました。

するとプッシュが効いたようで時間差はあったものの、JGCデスクに電話した翌日には時間差はあったものの子供たち分の座席も確保できたのです。

久しぶりに完全に往復ともJAL国際線特典航空券が4人分取れました。せっかく早くから取れていた復路を払い戻すという勿体ないこともせずに済んで、本当に良かったです。

 

2018年12月からは運用が変更されるので注意

PLUS開始前までに発券された特典航空券をお持ちの場合 発券時のルールを適用とさせていただくため、PLUS開始後も予約変更が可能です。
PLUS開始前までに作成されたキャンセル待ちのご予約をお持ちの場合
  • 発券時のルールを適用とさせていただくため、PLUS開始後に発券する場合は、新ルールが適用されます。なお、発券時に必要なマイル数は各クラスの基本マイル数です。
  • PLUS開始後は、すべてのクラスにおいてキャンセル待ちの便の変更はできません。

2018年12月(日付は未定)からはJAL国際線特典航空券が新ルールとなり、一新します。

管理人がいままでやってきたキャンセル待ちは出来なくなり(ファーストクラスは変更なし)、繁忙期などの空席が少ない便は多くのマイルを使うと座席が確保できる、というルールになります。

これについては、ルールがまだ大まかにしか発表されていませんので、はっきりしたことがまだ見えてきていません。

特典航空券が取りやすくなるとはありますが、有償席に空席があれば絶対取れるというものでもないような気がしています。ようは、特典座席数には枠が設けられることに変わりはないのでは?という管理人の予想です。

有償席に空席があって、多くのマイルを使えば特典航空券が取れる、というのであれば、以前あったJMBダイヤモンド特典航空券と同様となってしまいます。

上級会員の最高位であるJMBダイヤモンド会員限定の過去にあったサービスと、普通のJMB会員が同じようには取れないと思うんです。

JMBダイヤモンドの場合は2倍のマイルで有償席に空席があると特典航空券として発券することが可能でした。新ルールの場合は、路線によって変わりますが最高8倍以上のマイルが必要になる可能性もあります。

これが改善なのか改悪なのかは、新ルールが始まってみないとなんとも言えません。2019年夏休みの特典航空券は新ルール開始前なら現行ルール通りキャンセル待ちを入れることも可能だし、予約開始日に特典航空券が取れたなら、基本マイル数で発券できるのでかなりラッキーという事になります。

 

まとめ

2018年夏休みのJAL国際線特典航空券は、管理人の場合は暗雲は消え去ってくれて、無事に全員のハワイ行きを確保することが出来ました。

2018年12月からは特典航空券が新ルールに変更になるので、今まで蓄積してきた管理人の経験はまっさらになってしまいます。新ルールについてはもっと詳しいことが発表されたら、研究したいと思っています。

また、今回確保できたハワイ島・コナ行きの旅行について、順次旅行記を書いていきたいと思っています。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク