ザ・ベネチアン・マカオのカジノ @2018年GW香港・マカオ

マカオのカジノですが、ミニマムのレートが高いです。調子に乗ってベネチアンに泊まってしまったのでレートが高いのかと思いましたが、近隣のカジノでもほとんどレートに違いはありませんでした。

 

 

これぞカジノ

たくさんのカジノがあるマカオですが、これぞカジノと言った雰囲気を味わうのであれば、ベネチアンのカジノが一番ではないでしょうか。

広い敷地に、ド派手な雰囲気です。

 

テーブルでのミニマムは500HKDが大半

500HKDですが、1HKDが約15円ですので、500HKDだと約7500円になります。1枚のチップが7500円だと庶民的には結構きついです。

ほんの数台だけ、200HKDがミニマムのテーブルがありましたが、ルーレットと大小だけでした。

自分はカジノではブラックジャック中心なのですが、そもそもマカオではブラックジャックはほとんどありません。各カジノに数台だけある感じです。

海外のカジノでは徹夜でもやってしまうのですが、あんまり長いことできなかったですね。恐るべし、マカオと思いました。

ちなみに、同じ系列のサンズでは200HKDがミニマムのブラックジャックが数台ありました。

 

バカラと大小が中心

カジノテーブルはバカラと大小がほとんどを占めています。

マカオでカジノをするのであれば、バカラと大小をしっかりマスターしていかなくてはなりませんね。

次回マカオに行く時は、しっかりとバカラと大小をマスターして臨みたいと思います。

 

まとめ

マカオのカジノテーブルはレートが高いので、宿泊するホテルのレートを調べてから予約しないと、カジノで十分楽しむことが難しいです。

あと、ラスベガスなどではブラックジャックが中心なのに対し、バカラと大小ばかりなので、事前にルールをマスターしておかなくては。

もちろん、カジノテープル以外であれば少額でも楽しめるので、テーブルで勝負しないのであれば問題なしです。

 

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ