3年間無料キャンペーンの楽天プレミアムカードがようやく届きました。

2018年12月。騒然となった超絶お得な楽天カードの切り替えキャンペーン。約3年間の間の年会費が無料になるという楽天プレミアムカードでしたが、想定以上の申し込みだったようで、年内に届かなかった人は1ヶ月以上待たされるという状況で、管理人の妻のカードは2019年2月12日に到着しました。



スポンサーリンク

 

 

楽天プレミアムカード切り替えの経緯

管理人のJALカードはJCBプラチナ(JGC)ですが、JCBプラチナはは家族会員はプライオリティパスを持てないため、今回楽天プレミアムカードを申し込んだのは妻の分です。

ポイントサイトで陸マイラーを始める前には家族会員でしかクレジットカードを持っていなかった妻ですが、現在は陸マイラー活動で数枚の本会員のクレジットカードを保有しており、楽天カード(普通)もその中の1枚でした。

ちょうど切り替え対象の楽天カードを保有していたことと、プライオリティパスが欲しいということでしたので、2018年12月20日にキャンペーンエントリーをし、申し込みは翌日になってしまいましたが12月21日の朝には切り替え申し込みを完了していました。

扶養内で働くパート主婦で、いくら楽天カードとは言えどもゴールドカード以上の審査に通るものなのか?と疑問ではありましたが、案外あっさりと審査が通り、申し込んだ12月21日の午後には審査も通り発行手続き完了のメールも来ていました。

それが到着まで約50日もかかることになろうとは思ってもいませんでした。

 

『カードお届け直前のお知らせ』メールは連動しなかった

今回の楽天プレミアムカードの申し込みは、キャンペーン開始翌日の12月21日に完了しており、審査は当日中、『カードお届け直前のお知らせ』というタイトルのメールは12月25日に受信しています。

申し込み時点ではキャンペーンバナーは消えてしまっていましたが、キャンペーン詳細やエントリーページは当初の期間内は残されていたという情報もあり、期間内ギリギリに申し込みをした人もおられるかと思います。

上の画像のように、カードお届け直前のお知らせに記載されている発行状況確認のページを今開いても、状況更新日は12月21日のままとなっていて、既にカードを受け取った今でも更新されることはありません。

受信メールを振り返ると、2月6日の時点で『【重要】契約内容の事前のご案内』、『【重要】契約内容のご案内』という2通のメールが来ています。

届いたカード台紙の発行日が2月5日になっており、2月12日にカードが到着していることから、上記2通のメールから約1週間でカードが届く計算になり、目安になるかと思います。

メールの内容としては、ショッピング枠とキャッシング枠についての説明となっていました。

 

カードが到着してやること

楽天カードは楽天e-NAVIにログインすると自分のカード情報が確認できますが、切り替え申し込みをしても自動的に切り替えたりカードを追加してくれません。

カードの追加登録

まず、自分のカード情報を楽天e-NAVIで表示させてから、カードの追加登録をクリックして、到着したカードの番号やセキュリティコードを入力して登録となります。

登録が済むと、カード券面隣のカード種別がプルダウンできるようになり、そこでカード情報の表示切替ができるようになります。

年会費の確認

楽天プレミアムカードのカード情報が登録出来たら、一番重要な、本当に無料キャンペーンが適用になっているかを確認します。

2月のお支払い内容が0円で表示になっていますが、さらに年会費のご案内という文字をクリックします。

年会費請求月は2月となっていて、本年度が無料とはっきり記載されていますね。これで間違いなく本年度の年会費無料がわかるので、キャンペーンがきちんと適用になっていると確認できました。




プライオリティパスを申し込む

楽天プレミアムカードがプライオリティパス目当てで申し込まれていることが多いようで、パッと見てわかるところに申し込みのボタンが見つけられます。

プライオリティパスは本人だけが無料ですよ、子供でも同伴者料金が必要ですよ、というわかりやすい説明があり、

今回が新規の申し込みであることにチェックが入っていることを確認し、その下に楽天カードに登録済みの郵便番号・住所が正しいことを確認して、確認画面へ進みます。

住所が正しければそのまま申し込むをクリックして終了です。

登録メールアドレスに、プライオリティパスの申し込み完了のお知らせメールが届きます。

Edyの確認

3年間切り替え無料キャンペーンでの申し込みでも、楽天プレミアムカードに付随する電子マネーの楽天Edyに500円分チャージされているという短冊が入っていました。

Edyのホームページで確認すると、確かに500円分の電子マネーがチャージされていることが確認できました。

我が家は電子マネーはJMB WAONかnanacoで集中しているため、あまりEdyの必要性を感じないのですが、せっかくもらっているのでその分は使い切ってもらおうと思っています。

定期決済している場合

今までの楽天カードを公共料金などの定期的・自動的に決済している場合は、カード番号が変わっているので登録変更が必要になってきます。

管理人の妻は楽天カードはコストコでの決済がほとんどでしたので、特に登録していることはありませんでした。

楽天プレミアムカードは楽天市場での買い物で利用するといつも5倍ポイント、楽天市場アプリを利用すると6倍になりますが、楽天はモッピー経由で買い物することがほとんどなので、我が家では5倍どまりですが。

 

まとめ

カードが到着してから記事に起こすのに時間がかかってしまいましたが、楽天プレミアムカードが無事にキャンペーン適用で到着したお知らせをいたしました。

1月に1月下旬から順次発送するという、楽天カードからのお知らせからはだいぶ時間がかかった印象でした。定期的にカード発行状況のページを確認していたので、せめて連動させてくれていたら、あまりやきもきせずに待てたと思います。

3年間無料キャンペーンで無料で切り替えた人の多さと、もともとのプレミアムカードホルダーでは退会する人も多いようで、まぁキャンペーンとはそういうものなので仕方ないですよね。

プライオリティパスが無料で発行できるカードで、もっと年会費の高いカードには、それ相応の不随サービスも非常に高い価値がありますから、そちらを選んでもいいのかなと思ったりします。

ただ、今回妻に届いた楽天プレミアムカードは、ショッピング枠が300万円もあり、扶養内パートの主婦につける枠ではないと思いました。リボ払い地獄に落としたいのでしょうか~怖い怖い。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク
JAL日本航空 先得