ネスカフェバリスタ。ダイソーの耐熱紙コップで失敗の巻。

2018年2月23日

各ポイントサイトでネスカフェアンバサダーが熱かったあの時から約1ヶ月が経ちました。なかなかハッピーコール(電話)が来なかったりやきもきしましたが、大活躍しちゃってます。



スポンサーリンク

 

 

家族の住む自宅に設置

今回のネスカフェアンバサダーは、家族の住む自宅に設置しています。管理人は一人だし、いつまた転勤になるかわからないので、今回は単身宅ではなくて自宅にしたのでした。

どうせ妻と帰省した自分しか飲まないと思っていたので、ポイントを頂いてある程度使ったら、ラクラク定期便を解約してバリスタ自体は返却しようと思っていました。

以前、管理人が単身赴任になる前は、毎日ドリップして夫婦で1日1リットルくらい飲んでしまう、超コーヒー党の夫婦でした。それが妻も自宅では大人ひとりとなり、大好きなコーヒーも控えていてそのうちあまり使わなくなったコーヒーメーカーは壊れてしまったとのこと。でもそんな数年のうちに大きくなった子供たちがカフェオレなどを好むようになってきました。

 

簡単だからこそ子供も自分でやる

ドルチェグストの方も機械を追加したので使えるのですが、子供たちにガンガン飲まれてはたまりませんから、ドルチェグストの使い方は教えていません。

バリスタの方はコーヒーの粉さえ入っていれば、水があるかの確認とスイッチひとつで手軽に1杯作れるので、普段冷蔵庫のお茶ですら妻が居れば「お茶くださ~い」というところを、バリスタなら自分でマグカップを用意して好みのコーヒーを淹れるように。

バリスタ、子供を成長させてくれました(笑)

 

大人は持ち出そうとして失敗。

では自分たち管理人夫婦はというと、車で出かける時にいつもコンビニなどでコーヒーを買っていきますが、バリスタで淹れたコーヒーを持って行こうということになりました。

今はコンビニコーヒーのような紙コップ&ふたもダイソーなどの店で売っていたので、試しに買って使ってみることにしました。

容量が200mlと270mlがあったので、270mlの方を選び、いつもコンビニコーヒーではミルクを入れるので、バリスタではカフェラテメニューで淹れてみることに。

バリスタのカフェラテは、最初にブライトなどのクリームパウダーをあらかじめカップに入れておき、メニューボタンを押すとお湯で溶かして泡立ててからコーヒーが落ちてくるようになっているのです。

紙コップを用意していざスイッチを押してみると、みるみるカップの下に液体が増えていくのがわかり、どうやら紙コップの底に穴が開いているようでした。最初から穴が開いていたのかもと思い、もう一度新しいコップで穴がないことを確認してからブラックで淹れてみると、漏れはありませんでした。

カフェラテなどのクリームパウダーを泡立てる時に勢いよくお湯が出るため、どうもその当たる場所に穴があいてしまうようです。2回失敗して、仕方なくクリームパウダーを入れてからブラックコーヒーで淹れてみると穴は開かなかったので、この紙コップの在庫がある間はこの方法でやり過ごすことになりました。

そして次のラクラク定期便にネスレの紙コップとふたを追加注文したのは言うまでもありません(笑)

コーヒーの値段

ラクラク定期便を使うことがネスカフェアンバサダーの条件ですので、定期便は3ヶ月おきとして、それ以外でコストカットできたらいいですよね。

年末にはコストコでバリスタで使える、ゴールドブレンドの詰め替え105gが4個セットのものと、ゴールドブレンドコク深めの詰め替え105g2個セットが大幅割引になっていて、定期便の65gの方と同じくらいの価格で売られていました。

既に家族がかなりの頻度で飲んでいることがわかっていたので、しばらく購入しなくてもいいように買いだめしてきました。浮いた分でドルチェグストのカプセルが余分に買えちゃいます。

ちなみに別件ですが、コストコ全店ではないようですが、ネスプレッソの互換カプセルも売っているという情報が入ってましたが、管理人が行った時は見つけることが出来ませんでした。

 

感想

ドルチェグストは子供たちには使わせていないため、使用頻度は少な目。でも味も香りもカプセルコーヒーなのでグストは全然違います。

バリスタは同じ粉をただお湯で溶かすだけとは違い、香りは少ないもののクレマ(泡)が立ち、インスタントとは思えません。大人数で一度に飲むならコーヒーメーカーでドリップした方が手軽でおいしいですが、1人ずつバラバラの時間帯に飲むなら充分だと感じました。

しばらくは返却せずに使い続けることになりそうです。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク

雑記

Posted by Kuro