JAL都道府県シール(TODOFUKEN SEAL)解説 第4弾

JALの搭乗回数はめっきり減ってしまっているものの、頂いた都道府県シールがほとんどかぶりなく集まっているため、かぶりなしの分だけで14枚となりました。



スポンサーリンク

 

 

都道府県シールの解説

今回頂いたのは、山形県、埼玉県、静岡県、和歌山県、の4枚でした。

それでは解説に行ってみたいと思います~。

山形県

山形県【GINZAN ONSEN】銀山温泉です。趣のある温泉旅館街が美しいですね。子供のころの記憶にあった、NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台だったそうです。正直、ストーリーまで覚えていないのですが、雪景色だったことはなんとなく覚えています。

普段、海外に旅行に行きたい気持ちが前面に出てしまいますが、こんな和風な街並みでしっとり過ごすのもよさそうです。

埼玉県

埼玉県【KAWAGOE】川越です。こちらは小江戸・川越。都道府県シールのメインに描かれているのは時の鐘です。かつての城下町、蔵造りの街並みを食べ歩きグルメで楽しむのも人気があるとか。

静岡県

静岡県【CHABATAKE】茶畑です。富士山の裾野に広がる茶畑が描かれています。緑の茶畑に青い空、雪がかかった富士山は美しいことでしょう。シーズンにしかベストな風景は見れないのかもしれませんが、5月ごろがこのような風景を見ることができるのでしょうか。

大淵笹場というところでは、富士山と茶畑の絶景ポイントで、数少ない電線が入らない写真を撮れる場所なんだそうです。

和歌山県

和歌山県【KUMANO NACHITAISHA】熊野那智大社です。シールに描かれているのは那智の滝を背景に三重の塔ですね。世界遺産である熊野三山は、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社と那智山青岸渡寺の3社と1寺で熊野三山と呼ばれています。

管理人は世界遺産になる前の15年以上前になりますが、立ち寄ったことがありました。子供が小さく、じっくりとめぐることが出来なかったのですが、ただならぬ雰囲気を感じました。

和歌山県は自分にとってもゆかりのある土地なので、またぜひ訪れたいと思っています。

 

感想

今回頂いた4枚は、たまたまの組み合わせではありましたが、自然や、古くからある場所などでした。

観光ガイドに載っている情報だけでなく、隠れた名スポットを知ることができるJAL都道府県シール。行きたいところが増えてしまって、気持ちだけ忙しくなってしまいます。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク