あきれた~JAL国際線特典航空券PLUS!JALマイルを貯めて旅行に行けない・・・

2018年12月4日に開始された、JAL国際線特典航空券PLUS。すでに空席状況をご覧になった方は同じような気持ちを持たれたかと思いますが、はっきり言って、必要マイル数が高すぎて、普通の人には手が出せない特典航空券と様変わりしてしまい、がっかりしました。



スポンサーリンク

 

 

JAL国際線特典航空券PLUSの発表があったときは改悪だ!と感じ、そのあと時間がたつにつれ仕方ないからマイルをもっともっとたくさん貯めるように頑張ろうと思うようにし、開始後はこれじゃあ家族でマイル旅行なんで無理でしょ…と呆れてしまいました。

 

JAL国際線特典航空券PLUSとは?

JAL国際線特典航空券PLUS(以下、PLUS)とは、これまでのJAL国際線特典航空券ではキャンセル待ちになるような場合でも、追加のマイルをいただくことで、特典航空券としてご利用いただけるサービスです。

引用元:日本航空

このように、これまで取りづらかった日にちや便でも、多くのマイル数を支払うことで特典航空券が取れるので、予定が立てやすくなるという案内でした。

この変更のポイントだけ見ていたら、「あ~マイルで旅行に行きやすくなるんだ!」とか、「ギリギリまでキャンセル待ちになるより、予定が立てられるからいいよね」とか、「今までより少ないマイル数になってお得になるんだ!」

って思いますよね…

実際、これまでの特典航空券というのは、便や区間によっては閑散期であっても、予約開始日である330日前には満席(キャンセル待ち)になることがほとんどだったのです。ということは、

ほとんどの日程や便で、追加のマイル数が必要になるということ

なんです。言い方によって印象をよくすることはいくらでもできちゃいますね。

管理人はPLUS発表時に改悪だ!と怒りの記事を書きました。




クラスと必要マイル数

成田=ホノルル線には、お盆や年末年始などの便・期間限定などでファーストクラスの設定があります。ファーストクラスは全路線・便においてJAL国際線特典航空券PLUSの対象外となっていて、キャンセル待ちも可能。

管理人は新ルール発表時に、ファーストクラスの必要マイル数を

越えるなんて考えられない、ということを書きました。

では2019年1月4日を例にとってみてみます。なぜこの日か?というと、ホノルル線でファーストクラスの設定があり、管理人が見たときに空席があったからです。

↑こちらがエコノミークラスの空席。1週間分の日付の帯には最低必要マイルの2万マイル表示がありますが、こちらは名古屋経由の便のみで、直行便ではありません。

1月4日のホノルル行きですから、直行便でも3万マイルと手が届かないほどでもないくらいですが、それでも最小の2万マイルよりは1万マイルも高いマイル数です。

ファースト設定のあるJL782は4万マイル。直行便同士でも便によって1万マイル違うことになりますし、最小より2倍の2万マイルも多いです。

↑こちらは同じ1月4日のビジネスクラス。ビジネスクラスとしては十分の4席・6席の空席表示で13万マイル越え。

ちなみにファースト設定のあるJL782は57000マイルです。JL782は22時発で時間が違うのもありますが、同じ日程として便によりこれだけの差が出るのもどうかと思いますけど。

↑そしてこちらが同じ1月4日のファーストクラス。

PLUSと違ってキャンセル待ちができない特典航空券ですが、片道5万マイルでこの時1席空席がありました。最悪の事態のエコノミークラスがファーストクラスを超えることはなかったですが、ビジネスとファーストのマイル数は逆転現象が起きています。

予測残席に応じて変動。

予測残席は、最終的な混み具合の予測値です。

引用元:日本航空

深夜便と午前・午後便くらいの差があるなら、その便に応じて、または成田出発や羽田出発で便の人気不人気で残席に差があるのはわかります。

でもクラスを超えてマイル数があべこべになるのも、どうなのかと思うし、他の路線と比較すると、区間距離なども関係ない感じに思えてきてしまいます。

 

グアム線は2019年4月以降の増便ないと絶望

特に気になるのが、管理人が好きな第2のふるさととも思いたいグアムです。

これは片道で見たグアム線の空席カレンダーです。来年の様子を見ても、エコノミークラスで片道1万マイルで取れるのは1月で1日だけ、2月~9月までは現状皆無です。10月も1日だけしかありません。

現在グアム線は2019年3月30日まで1日1便を増便しており、3月31日以降どうなるのかは未だ発表されていません。

グアムへの観光客が減少、他航空会社の運航も減っているのに、JALの増便が決まらなかったら現地は大打撃かと思います。その分他国のお客さんは増えているのでしょうけれど。

ポイントサイトを利用しなかった時代でも家族で何度も行けたグアムだったのに、こんなにマイルが必要になると、グアムほどの近距離にマイルを使うのがもったいないと感じてしまいます。

 

まとめ

JAL国際線特典航空券PLUSは、違う意味で呆気にとられるようなものと様変わりしてしまいました。

陸マイラーが増え、マイルを使った特典航空券を使う人が増えたといっても、ミリオンマイラーなんてひと握りだと思うのですが、ミリオンマイラーでも家族で旅行しづらい事態というのはいかがなものでしょうか?管理人はミリオンにはまだまだ程遠いですからその立場にもありませんが。

陸マイラーではない、一般で搭乗してくれる顧客はもっとびっくりするようなマイル数になっています。こんなマイル数でしか特典航空券が取れないなら、もうJALは乗らない、JALのマイルは貯めないという人も出てきてしまうのでは。

管理人はJALマイルを貯めて旅行に行こう、とブログを立ち上げ、JALでJGC修行も行いました。ANAのSFC修行をしてこれからはANAマイルを貯めようとか、そんな余裕も時間もありませんから、これからもJALに乗り続けますが、明らかに旅行に行く回数は減るでしょう。

それによっては、使う頻度が減るならば、ヒルトンゴールドも最悪の場合、解約する方向になるかもしれません。JALさんにはぜひとも必要マイル数を見直して頂きたい、そう願うばかりです。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク