JGC修行者必見!もうすぐ2019上期のJAL先得先行発売!JAL国内線の決済にひと手間かける!

2019年1月29日

2019年1月29日(火)にはJAL国内線先得運賃のJMB会員先行予約が開始されますね。今回からは予約から3日以内に発券期限(購入期限)が来るようになり、代わりにキャンセルに伴う取消手数料については緩和される方針ですが、予約3日以内ですべて発券だと全額一度に請求が来るのもきついですね~



スポンサーリンク

 

 

2018年までのJGC修行は…

管理人が2017年にJGC修行をしたときは、りそなJALスマート口座の開設で1000FOPがもらえ、JALカード会員初回搭乗FLY ONポイントボーナスキャンペーンで5000FOPもらえたので、実質搭乗は44000FOP達成でJGC入会資格であるJMBサファイアに到達することができました。

2019年からは、りそなJALスマート口座が廃止になったため、JALカード会員ボーナスポイントキャンペーンのみとなり、搭乗で45000FOPが必要となり、少しでも負担軽くJGC修行をしたいところの痛手となります。

さらに今回の2019年上期JAL先行予約より、3日以内の購入期限はさらに痛手。

それまで2ヶ月前までなどの購入期限時点で本当に予約通りで搭乗できるかの予定を考えて決済できたところ、1月中にはすべての予約を決済しなくてはいけません。例えば30万円分の予約をするならば、3日以内に30万円のカード決済を行い、翌月にはそのカード請求が来ることになります。

たとえJGC修行の費用を貯蓄できているとしても、いちどに全部の請求が来るのはあまり心象がよくありませんよね…

ここは少しでもJALマイルを貯める方向で、この心象の悪さを埋めていくしかありません!

 

JAL航空券はJAL特約店なのでJALカード決済で2%マイルが貯まります

JALカードホルダーはJALマイルを貯めているのが前提だと思いますので、JALグループの航空券購入ではショッピングマイルプレミアムに加入で100円につき2マイルのJALマイルが貯まるのはご存知かと思います。
※(JAL JCBプラチナとJALアメックスプラチナはアドオンマイルで合計100円につき4マイル貯まります)

普通にJAL公式サイトからネット決済すると、JALカード分だけしかJALマイルは貯まりません。

実は購入に際し、ひと手間かけるだけでさらに0.5%のJALマイルを貯めることが可能なのです。




dポイント経由で100円=1dポイント=0.5JALマイルへ!

実は楽天リーベイツとdポイントでは、各々経由ボタンをクリックしてJAL国内線航空券を予約購入すると、どちらも1%のポイントが付くのです。JALホームページに行く前に、そのボタンをクリックするだけのひと手間です。

dポイントのJAL経由ページはこちら

有名なのは楽天リーベイツではありますが、楽天リーベイツで貯まるのは楽天スーパーポイント。楽天スーパーポイントではJALマイルに交換することはできません。ANAマイルに交換したい場合は、楽天リーベイツから50%還元率でANAマイルに交換できるので楽天リーベイツがお勧めですが…

JALマイラーならここでもいずれJALマイルに交換できるところを選びたいです。楽天ポイントは楽天で購入すればじゃんじゃん貯まりますからね。

まぁ、上記の画像のように、dカードで決済すると合計3%のdポイントが貯まりますが、JALマイルが目当てなら、マイルにすると50%になってしまうdポイントより、そのままJALマイルになるJALカードで決済するのが現実的です。

こちらが航空券を購入した時に貯まるJALマイルとdポイントのイメージです。日付は異なる表示ですが、dポイントは購入2~3か月後に反映されるためで、航空券自体は同じ時の決済分です。対象金額を見ていただければ、同じ航空券であることがわかるかと思います。

管理人の場合は、使用しているのがJAL JCBプラチナカード(JGC)ですので、アドオンマイルが付き、JALカード決済分は100円につき4マイル貯まっているのですが、同じ決済分でdポイント側には1%のdポイントが貯まっているので、こちらをいずれ50%の交換率でJALマイルに交換します。

15320円の航空券の場合、JALカードで306マイル、dポイントで76マイル(153dポイント)でJALマイルが382マイル貯まる計算になります。プラチナカードの場合は上記のように、688マイルにもなります。

航空券ひとつひとつでは小さいですが、これがトータル30万円とかの決済となると、dポイント分だけで1500マイルとなるので、取りこぼしたくないですね。

 

JAL国内線航空券でdポイントを貯めるための注意事項

  • JAL国内線の航空券(個人運賃)のみ対象となります。
  • dポイントの進呈には、搭乗後2~3か月かかります。
  • 一部の機種において、サービス非対応の場合があります。
  • dポイント進呈の対象は、上部「航空券を購入する」ボタンからお申込いただいた会員さまが対象であり、その他サイト経由でのお申込みについてはポイント進呈の対象外となりますのでご注意ください。
    クレジットカードまたはe JALポイントでお支払いいただいた場合のみ対象となります。
    「おともdeマイル割引」運賃は対象となりますが、特典航空券の引き換えは対象外です。
    1回のオーダーにつき、複数の路線、人数分をオーダーしても「1オーダー」としてカウントします。
    購入後にキャンセルされた場合は対象外となります。同じ機器の、同じブラウザで予約・購入された場合のみ成果の対象となります。
    JAL ONLINE(https://www.jal.co.jp/jalonline/)サイトでの購入は対象外となります。引用:dポイント

こちらの注意事項はdポイントから引用したものですが、dポイント側のJAL航空券についてはもうひとつ説明ページがあり、そちらには

dポイント進呈は、上部「JALのウェブサイトへ」ボタンからJALの公式サイトへアクセスし、予約から購入までを完了された会員の方が対象となります。その他サイト経由でのお申込みや、上部ボタン経由でアクセスし、予約のみまたは購入のみされた場合はポイント進呈の対象外となりますのでご注意ください。

予約のみ、購入のみは対象外、という記載もあるのです。で、どちらが正しいのか?と思いますが、先ほどの管理人の購入記録の分は、実は2018年8月にJMB先得先行予約で予約したものです。

先行予約はアクセスが殺到していますから、当然dポイントなど経由している時間の余裕はありません。

なので、ボタン経由で予約のみだと対象外になるかもしれませんが、予約済みの航空券をボタン経由で決済する分には対象となってしまっています。今だけの抜け道かもしれませんが、現状ポイントが付くので絶対かけたいひと手間です。

先行予約時は、たくさんの予約記録を購入決済しなければなりませんが、面倒でもひとつ決済したらそこで終了。次の予約を決済するときは、またdポイントのボタンを経由してJALホームページに飛びましょう。

気を付けるべきは、今回のJAL国内線先行予約からは、すべての人のすべての予約の購入期限が同じであること。あまりギリギリの時間に購入(発券)しようとすると、アクセスが増えてサーバーが混み合うかもしれません。

dポイント経由というひと手間かけることもあるので、時間に余裕をもって購入手続きをした方がよいかと思います。

 

まとめ

2019年上期のJAL国内線先行予約に先立ち、絶対取りこぼしたくない忘れがちなdポイント経由で購入についてまとめてみました。

数あるポイントサイトでは、楽天リーベイツやdポイントのように国内線購入で1%のポイントがもらえるところはありませんから、どちらかを経由するのでポイント獲得には問題ありません。

忘れずにポイントをもらいましょう!とこんなに言っている管理人ですが、ボケっとしているとたまにdポイントを経由することを忘れてしまうことがあります。ちゃんとお気に入りに入れているんですけどね(笑)

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク