【川平湾・グラスボート】八重山諸島ちょこっとめぐり。

石垣島では、個人的に行ったら乗らないかもしれない、と思ったグラスボートに乗ってきました。



スポンサーリンク

短時間で海中の魚の様子が見れるので、慌ただしい観光にはぴったりですね。

 

 

川平湾

 

石垣島、と言えば、川平湾(かびらわん)というくらい有名なところです。JALの国内線トップページでもおなじみですね。

この画像を毎日繰り返し見ているので、ほんとはちょっと海の色を綺麗に見せるように加工とかしてると思っていたのですが、天気さえ良ければ、展望台から本当にこのままの景色を楽しむことが出来ます。

管理人が行った時は、曇りのち雨の予報でしたので、あまり期待はしていなかったのですが、雨は降らずに済んだので、抜けるような青空ではなかったものの、とてもきれいな川平湾を見ることが出来ました。

 

川平湾のグラスボート

グラスボートの料金はだいたいどこの業者さんも大人1030円ほどの様です。

個人で行く場合は、川平湾のすぐ近くに駐車場があって、そこから浜辺へ行くまでの間にいくつかグラスボートの受付があります。

ピーク時でなければ、予約なしでも大丈夫そうな感じでした。

ただ、風が強かったりすると欠航になってしまうそうなので、快晴でも運航可能なのかは問い合わせてみた方が良いかもしれません。

 

船酔いする方はだめかも

30分ほどの短い乗船なので、船酔いは大丈夫だろうと思っていましたが。

グラスボートは船底がガラス張りになっており、ガラスをぐるっと壁で囲われているのですが、座席からその壁に身を乗り出して下を向くんですね。

乗り物酔いしないほうですが、下を向きっぱなしだと誰でもすぐに酔ってしまうと思います。

食後すぐなどはやめた方がいいです。

船長さんも注意を入れてくれますが、遊泳禁止の川平湾で海の魚を見るにはグラスボートしかないので、万全の準備で臨みましょう(笑)

ちなみに、遊泳禁止ですが、カヌーなどで浜から出ればシュノーケルなどできるようで、駐車場から浜に降りる時に、ウェットスーツ姿の人とすれ違いました。

 

グラスボートで見れたもの

いちばん右はグラスボートじゃないですが、左の2隻はグラスボートです。両窓側に座席がずらっと並んでおり、真ん中のガラスを囲んで両脇に座るといった感じです。

シャコガイ

なかなかの大きさのシャコガイがたくさん見るポイントがありました。ここは出発してから割とすぐのところで、水深も浅いところです。

写真ではこれだけですが、結構広い範囲でこんなにたくさんいました。

カクレクマノミ

すごーくわかりづらいのですが、シャコガイの隣のイソギンチャクの中に白いのがあるのですが、それがカクレクマノミの白い線です(笑)

グラスボートの上にガラスのだいぶ上から写真におさめているし、カクレクマノミは群れにはならないので、わかりづらいけどこれくらいが限度でした~

それでも、管理人はシュノーケルなどで海中の色の様子などはよく知っているので、船長さんが〇〇がいますよ~と言えばすぐ気づけるのですが、普段海に入らない人だと、え?どこ?どれ?という様子でなかなか写真は撮れなかったようです。

サンゴ

とても大きな青いサンゴの群生です。個人的にはこのサンゴがいちばん美しく感じました。

鮮やかなブルーのサンゴで、枝先がちょっと光っているように白っぽく見えるのですが、これは成長している、生きている証拠なんだそうです。

できればシュノーケルで近くから見てみたい~と切に思いました。

こちらもメインは魚ではなくて赤い海藻のようなサンゴです。

これは1日で色が変わるんだそうで、この色は赤色で、夕方くらいになると茶褐色になるんだそうです。

船長さんはこの色が一日で一番きれいな色だと言っていました。

ウミガメ

黒っぽい丸いのがウミガメです。実はウミガメは2匹見れたのですが、こちらは小さい子供のウミガメ。

できれば泳いでいるところが見たかったんですが、グラスボートなら動いてなくて丁度良かったかもしれません。

もう1匹の大きな方がだいぶ迫力があったのですが、ウミガメのスポットは湾の外にあるようで、浜からだいぶ離れた場所だったため、風が強くてボートが動いてしまうんですよね。

ガラス張りと言ってもガラスは細長いので、向かい側からの席の人はよく見えたようですが、管理人側の席はカメラにおさめられるほどではありませんでした。

 

感想

見れたらとてもラッキーと言われるウミガメが2匹も見れたことは、とても良かったです。

他にもたくさん魚も見れたのですが、酔いそうな雰囲気が自分の中で感じたので、グアムで見れる魚などはあまりのぞき込まないようにしていました。

普段乗り物酔いはしないタイプですが、深いガラスを乗り込んで見るのは注意が必要と感じました。

海で泳ぐのが苦手な人や、小さい子供にはシュノーケルが難しかったりするので、グラスボートは手軽に海中が見れておすすめです。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク