【詳細発表】JALとハワイアン航空のコードシェア便の発売、ラウンジ相互利用も可能へ

待ちに待ったJALとハワイアン航空のコードシェア便の発売が開始されたと発表がありました。



スポンサーリンク

 

 

2018年3月25日からJALとハワイアン航空のコードシェアが始まることは、先日も管理人は記事を書きましたが、詳細の発表は思ったより遅かったと思います。

まぁ、3月18日まではANAと提携していたので仕方ないかなとは思いますが、この春休みにハワイアン航空で出かける方にとっては、ラウンジが使えるのか?マイルはJALにつくのか?など気になる点が多々あったのではないかと思います。

 

コードシェア便の概要

JAL便名でのコードシェア

JALは、ハワイアン航空が運航する日本各地=ハワイ間のすべての便と、ホノルル・コナ発着の多くの便でコードシェアを行います。

これにより、日本からの旅行客は、JAL便名でハワイ各島(乗継)へ行けることになり、JAL運航では現在無い羽田発のホノルル・コナへもコードシェアで路線ができることになります。

HA便名(ハワイアン航空)でのコードシェア

ハワイアン航空は、JALが運航する日本各地=ハワイ間のすべての便と、日本国内線、日本発着の東南アジア路線でコードシェアを行います。

ハワイからの旅行客では、HA便名で日本を経由することにより、JALの運航路線を使ってコードシェアで東南アジアや日本国内線を利用することができます。

ターミナル変更

ハワイアン航空は成田空港で第1ターミナルを利用していたのが、コードシェアに合わせて第2ターミナルから発着に変更になります。

春休みの旅行で、既に成田発着のハワイアン航空利用予定をされている方は、確認が必要です。

 

ラウンジ利用

管理人が発表を楽しみにしていた相互ラウンジ利用ですが、ハワイアン航空ラウンジはホノルル空港のプルメリアラウンジのみとなりました。

ホノルル: HAが運営するプルメリアラウンジまたはプレミアクラブ
成田国際空港:JALサクララウンジ
東京国際空港(羽田):JALサクララウンジなど
関西国際空港:JALサクララウンジなど
新千歳空港:ロイヤルラウンジ
中部国際空港:JALサクララウンジ

※ハワイにおけるホノルル以外の空港ではラウンジはご利用いただけません

コナ空港でのラウンジ利用を期待していたのですが、やはりJAL側の利用者が増えてしまうからなんですかね~。残念ですが仕方ありません。

頑張ってJALさんにコナ空港にもラウンジを作って欲しいところです。

 

上級会員の手荷物

*HA運航便(JALコードシェア便)における、JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JALグローバルクラブ会員の方の専用カウンターのご利用、受託手荷物無料許容量のご優待、手荷物の優先お取扱いサービスはご利用いただけません。

JMBステータス会員、JALグローバルクラブ会員には受託手荷物無料許容量のご優待があり、JAL国際線だと32キロ以内の荷物を2個まで預けることができます。

HA運航のコードシェア便では、この優待がないということなので、JAL→HA運航コードシェアJAL便名に乗継する場合は荷物の重量には注意が必要です。

荷物自体はエコノミークラスでも2個までは無料で預けられるので、1個の重量を23キロに抑えて2個にすれば問題ないですが、1個で重い方がよほど楽なのですが、こればっかりはルールなので仕方がないですね。

 

マイルが貯まる

ハワイアン航空運航のコードシェア便をJAL便名で利用すると、JALマイルが貯まるのが嬉しいところです。フライトマイルが貯まるということは、FOPも貯まるということ。旅行で楽しんだフライオンポイントももれなくJGC修行の足しになります。

 

まとめ

まず第1フェーズとして、コードシェア便とラウンジ利用について発表があり、すぐに開始されることがわかりました。

空席検索でも既にハワイアン航空運航のJAL便名コードシェア便が確認できるようになっています。

第2フェーズでは、特典航空券についての発表があると良いなと思います。

特典航空券については、2017年9月の発表時に、2018年度以降に用意が出来しだい運用開始すると名言されていますので、楽しみに待ちたいと思います。

 

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク