JAL関西=ホノルル、成田=バンコクの増便分が延長決定!

JALグループは2018年度の路線便数計画を決定しました。これにより、既に発表されている国際線増便分は継続となりました。中でも、関西=ホノルルの2018年10月28日以降の増便は、延長後は定期便を予想させますね。



スポンサーリンク

 

 

増便の詳細

関西=ホノルルは機材そのままの787-8で2019年3月30日まで延長。

成田=バンコクは787の長胴型と普通型を両方?導入しての、同じく2019年3月30日まで延長。

どちらの便も、まだ運航が始まっていない時点での増便延長ということは、よほど予約状況や顧客確保の見通しが良いということでしょうか?

東京=バンコクは既に1日に成田発が1便、羽田発が2便ありますから、相当な需要が見込めているのでしょうね。

関空=ホノルル

787-8のシートマップはこちらぽいです。エコノミークラスが多い座席配置なので、送客力がありますね。我々陸マイラーにとっては、便が増えるということは、特典航空券も取れる枠が増えるということ。

関西=ホノルル線はLCCのスクートやエアアジアXが就航していますから、ここはぜひともLCCに負けずにJALに頑張って欲しい所です。

そしてぜひこの便を2019年からは定期便となりますように。

成田=バンコク

成田=バンコクの787-9長胴型の場合のシートマップはこちらぽいです。機材の半分がビジネスクラス。翼の真ん中までですもんね。こちらは観光客というより、出張などのビジネス客が多いということなのでしょう。

東南アジアの発展とともにJALの便が増えていく、という構図になっていくのでしょうか。

観光客メインとはいかなくても、バンコク経由で東南アジアのリゾートなんかもアクセスが良いので、こちらも陸マイラーとしては大歓迎の増便です。

発売日

2018年10月28日以降の、関西=ホノルルと成田=バンコクの増便分は2018年1月24日14時から発売予定とのこと。

特典航空券も同じなので、この日程以降で狙っている方はお忘れなく。

 

その他、機材変更もたくさん

便が増えなくとも、相当な路線で機材が大型化する予定だそうです。年末年始にもあった、ホノルル線のお盆のファースト設定も決定しました。

機材が変わる便が多いので、特典航空券などで既に座席指定している場合は、座席が変更になる可能性が出てきます。JALからのメールには注意しておきましょう。

 

まとめ

今回、成田=グアムの増便延長は発表されませんでした。これはまだ需要がどうなるかわからないためでしょうか?そこが気になるところではありますが、利用する可能性はあまり考えられませんが、関空=ホノルルの増便延長がいちばん嬉しかったりしました。

今後、ANAの大型機が導入されると観光客の動向もわからなくなりますし、LCCの搭乗率なども気になるところです。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク

JAL

Posted by Kuro