穴場!香港の夜景(シンフォニー・オブ・ライツ)ベストポジション @2018年GW香港・マカオ

2018年GW香港マカオ旅行の香港での目的のひとつ、夜景観賞です。香港では毎日イルミネーションショーが見れるということでしたが、いろいろ悩んだ結果、九龍半島から観ることにしました。



スポンサーリンク

 

 

シンフォニーオブライツ

香港の夜景はただライティングされているだけではなく、音と光のライトショーということで、毎日午後8時から10分間行われています。

九龍半島・尖沙咀の香港文化センター広場と、香港島・湾仔のゴールデンバウヒニア広場でこのショーを鑑賞すると、香港フィルハーモニー管弦楽団が奏でる音楽とともにショーを楽しめるのだそう。

↓香港文化センター↓

↓ゴールデンバウヒニア広場↓

九龍半島から夜景を見るために、尖沙咀のマルコポーロ香港ホテルを選んだこともあったので、徒歩で行ける香港文化センター広場まで行ってもよかったのですが、あまり時間もないのに10分間のショーに場所取りとかももったいないかなと思いました。

ということで、時間ギリギリに行っても綺麗な夜景を見ることができる場所から見てきました。

 

穴場は意外な場所から!

香港のショー「シンフォニーオブライツ」を鑑賞する穴場というのは、管理人が宿泊したホテルから直結の駐車場と、そのはじっこに2017年10月にできたばかりの270度見渡せる絶景ポイントのオーシャンターミナルデッキです。

ハーバーシティの駐車場

 

マルコポーロ香港ホテルの紹介をした記事では、ホテルがショッピングセンターと直結しているという説明はしたのですが、そのショッピングセンターの屋上駐車場とホテルのレストラン階がつながっていて、自由に出入りができるのです。

↓こちらが管理人が宿泊したホテルのマルコポーロ香港ホテル。階段が見えるところはホテルの6階に当たり、レストラン階なので宿泊していなくても降りることのできる階です。

変な造りだな~とは思いますが、ホテルのレストランフロアを出ると、ハーバーシティという巨大ショッピングモールの屋上駐車場です。

駐車場なので、気を付けて歩かなければなりませんが、人は本当に少なくて、自分の好きなポジションから夜景が見られるし、ショッピングモールの屋上で高台のため、フェリーや大型船が通っても、夜景を遮られることなく鑑賞することができるんです。

夜景、見放題、写真、撮り放題。

オーシャンターミナルデッキ

マルコポーロ香港ホテルから直結の駐車場のもっと西側に進んでいくと、駐車場より少し高いところに展望デッキがあります。

ここも駐車場からも無料で入れるし、ショッピングモールであるハーバーシティからも無料で上がることができます。

ビクトリアハーバーを270度見渡せることができ、背中に駐車場があるよりはずっと雰囲気もいいです。

地元香港の人たちのデートスポットになっているようです。

デッキからだと、九龍側も夜景もとてもきれいでした。

管理人のおススメは、駐車場の方から見える近い夜景を見てから、デッキで見る夜景独り占めの感覚を味わうことです。

デメリット

今回穴場としてご紹介した夜景スポットは、夜景はとてもきれいでおすすめですが、シンフォニーオブライツは光と音のショーです。

これらの場所では音はまったく聞こえませんから、しずかなところで夜景を見る感じになります。

ただ、音はアプリから聞くこともできますから、音楽も聴きたい!ということであれば、アプリからイヤホンで聴くのもいいかと思います。

こちらからダウンロードできます。

 

まとめ

マルコポーロ香港ホテルを宿泊先に決めたのは、夜景がホテルから見えるということも理由のひとつでした。

駐車場から見えることはホテルを予約する前に情報を入手出来ていたのですが、実際に行ってみると、駐車場の先にもっと雰囲気の良い新しくできた展望デッキを運よく見つけることが出来ました。

夜景の見える客室は高いし、夜景の見えるレストランは満席。穴場の場所でサクッと夜景を見てから、他の場所で食事をすればいいので、時間も有効に使うことが出来ました。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク