【御朱印紀行・京都】長円寺で御朱印を頂く

京都競馬場と同じく、淀駅から徒歩7~8分のところにある長円寺で御朱印を頂いてきました。幕末の鳥羽伏見の戦いで新選組が逃れてきたのがこちらの長円寺。ユニークな御朱印が有名になっています。



スポンサーリンク

長円寺の御朱印 (閻魔札朱印)授与 : 10:00 ~ 17:00

閻魔同にて2枚1組分で1000円を賽銭箱に納める形となります。(朱印帳への直接書きは、初閻魔・夜閻魔の行事の時のみ)

※2月・3月・8月・9月は一般参拝はできません。

 

こちらの御朱印は期間限定でかわっていくようです。

拝観料なし

大きなお寺ではありませんので、拝観料は無いようです。境内を一周するだけですので、拝観する時間は長くはかかりません。

アクセス 京阪本線「淀駅」から徒歩で10分ほど

〒613-0906
京都府京都市伏見区淀新町681
TEL (075)631-3113

駐車場が完備されていませんが、近くにコインパーキングがあります。

大迫力の閻魔様です。目を合わせて、太鼓を10回たたきます。その後、閻魔様を拝み、最後に太鼓を3回叩きます。太鼓は結構大きな音がするので、躊躇しますが力強くたたいて大丈夫の様です。

まとめ

淀駅から徒歩10分ほどで行く事が出来ます。御朱印は2枚で1000円と少しお高いですが、新選組の印も入っていて、とてもかっこ良いです。

小さなお寺なので、中に入っていいのか、ちょっと不安になりましたが大丈夫でした。親切な住職さんがお寺の歴史を語ってくれました。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク