JAL家族会員プログラム 子供が18歳になったら?

JALマイレージバンクは、家族でマイルを合算できますが、それには家族プログラムに参加登録しなければなりません。その際、子供は無料のJMB会員で登録できるのですが、18歳になるとJALカード(クレジットカード)会員にならないといけないことになっています。



スポンサーリンク

 

 

JAL家族プログラムとは?

家族プログラムは、家族それぞれがためたマイルを、特典交換の際に合算し、家族でつかえるJALカード会員限定のサービスです。 特典交換が身近になり、ご家族皆さまの
楽しみが広がります!  ***JALホームページより***

JALマイレージバンクはANAよりもだいぶ前から、JALカードを保有することで、家族でマイルを合算できるようになっていました。

管理人がいちばん最初にマイルで特典航空券を取ったのは、2004年のことだったので、その時には既に夫婦でマイルは合算できていたのだと思うのです。

今現在でも家族でポイントを共有できるポイントはあまりないかと思うので、マイルを合算できるというのは、当時画期的だったと思います。

陸マイラーと呼ばれる、飛行機には乗らずにショッピングや電子マネーWAONなどでマイルを貯める人たちには必須のプログラムです。

登録料

無料。

登録料は無料ですが、18歳以上の大人も家族プログラムに登録する場合は、JALカード会員になる必要があり、JALカードは初年度年会費無料などの特典がある場合以外は、年会費がかかるので、実質はJALカード年会費は必要、ということになります。

(学生専用カードは在学期間中は無料)

子供、子供、と言っても、我が家の長子も高校を卒業することになり、卒業後の4月1日以降はJALカードに入会しなければならなくなります。

家族、としての資格

家族プログラムとはいえ、JAL内での規定や条件があります。

また、家族プログラムはマイルを合算して貯める・利用するのが基本ですが、特典航空券を利用できる家族の範囲はもっと広がります。

とりあえず、ここではマイルを合算して貯める・家族プログラムでの家族の範囲です。

親会員(1名)、子会員(9名まで)のご登録が必要です。

[親会員]

20歳以上のJALカード個人本会員の方
(学生専用JALカード navi会員を除く)

[子会員]

親会員と生計を同一にする配偶者および一親等のご家族*

  • 18歳以上:JALカード個人本会員
    (JALカード navi会員を含む)
    または家族会員の方
  • 18歳未満および18歳の高校生:JMB会員の方

家族プログラムの親会員1名+子会員9名までで、合計10名まで登録できることになります。

おじいちゃん・おばあちゃん+自分・配偶者+子ども などの家族ですと、おじいちゃんおばあちゃんが親会員になると、孫のマイルが合算できないので、自分・配偶者の立場の人が親会員になると良いかと思います。

また、JALカードの家族会員である必要はこのプログラム内では無いので、それぞれがJALカードの本会員でもOKだし、家族会員の人がいてもOKなのです。

管理人の場合は、JGCダイナースカード所有で、妻はJGCダイナースの家族会員ですが、今度高校を卒業する子供にはJGCダイナースは必要ないし、学生専用のJALカードに入会させる予定です。

 

学生専用JALカード

JALカードには、学生専用のJALカード【JALカードnavi】があります。

大人と同じ各種ブランドから選んで入会申し込みをすることができますね。

大学生でクレジットカードを使うなんて、管理人が同じ歳のころには考えられなかったものですが、今ならあくまでもポイントやマイルを貯める手段として、計画的に利用するなら、学生でも使っても良いでしょう。

JALカードnaviの特典

学生専用、と謳っているので、特典があります。

管理人がお得だな、と思ったものをいくつか例に挙げてみます。

  1. 在学期間中は年会費が無料
  2. ショッピングプレミアム(年会費2000円税別)と同等のショッピングマイルが付く
  3. ツアープレミアム(年会費2000円税別)が無料
  4. 特典航空券(際線・国内線)で必要マイル減額特典
  5. 入会時にeJALポイント5000ポイント(5000円相当)プレゼント
  6. 搭乗実績に応じたボーナスマイル

この他にも、おもしろいものだと語学検定合格ボーナスマイルや、海外旅行ボーナスマイルなど、学生カードならではの特典があります。

もちろん、一般のJALカードと同様、入会初回搭乗ボーナスマイルや、毎年初回搭乗ボーナスマイルもあります。

また、このカードを提示するだけで、国内線の当日空港で空席がある場合に利用できる、スカイメイト料金の航空券を発行することができます。

 

まとめ

というわけで、子供が大きくなるとJALカードが必要だな~と年会費などを気にしていましたが、さすがのJALカード。年会費や諸費用を気にせずに利用できそうです。

これからどんどん学費などにもお金がかかってきますので、4年間無料で使えるのは、少しの金額であっても嬉しいです。

子供が大きく成長するのは喜ばしいことではありますが、12歳以上になれば交通機関の料金も大人料金。ホテルの宿泊も大人料金になり、家族4人で泊まると2部屋必要になります。

せっかく無料の特典航空券で出かけても、その旅行に出費がだんだんとかさむようになりますね。

でも、いつまで一緒に家族旅行ができるかわかりませんから、特典航空券もビジネスクラスはエコノミーが取れなかったらの選択肢とし、エコノミーでできるだけたくさん家族で旅行に行きたいと思っています。

 

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク
JAL日本航空 先得


関連コンテンツ data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2" data-matched-content-ui-type="image_stacked"

PAGE TOP