JAL ①【旅客サービスシステムの刷新に伴う、各種お取り扱いについて】を考えてみる

2017年7月5日、夕方JALホームページにログインすると、いつも確認する“お客様へのメッセージ”の下に、ただならぬ雰囲気(笑)で重要なお知らせがありました。なんか、嫌な予感…



スポンサーリンク

非常にたくさんのことが書いてあり、ここに書いてあるだけでは言葉足らずで、不明なこともあります。問い合わせてみなければ判明しないこともありますので、昨夜からは問い合わせデスクもパンクしているでしょうから、わかっていることをかみ砕いていきたいと思います。長くなりそうなので、何度かに分けて少しずつ書いていきます。

 

eJALポイントの取り扱いについて

国内線・国際線・国内海外ツアー共通

2017年11月16日引き落とし以降のeJALポイントで支払った分の取り消し時の払い戻しが可能になります。これはとても良いことです。マイルをそのまま特典航空券にすると、マイル積算もゼロだし、もちろんFOPもゼロです。1マイル単価は下がりますが、マイルをeJALポイントに交換してから航空券等に充当するとお金で支払ったのと同じでマイルもFOPも積算されます。が、今までは(厳密にいうと11/15までは)eJALポイント利用分は払戻できませんでした。なので、絶対取り消ししない便などにしか利用するのは怖かったです。マイルには戻りませんが、eJALポイントに払い戻しできるなら、安心して利用できます。

以下、ここで取り上げたeJALポイントでの払い戻し可能は共通のため割愛します。

国内線航空券

もともとeJALポイントをあまり利用してこなかったので、改悪になるのかどうかわからない点もありますが。改悪点はおともでマイルの同行者運賃がeJALポイントで支払えないことでしょう。

  • 複数人数での支払い時にお客様ごとにeJALポイント充当額を指定できるようになった。
  • クレジットカードとeJALポイント併用の払い戻し時、既搭乗区間や取り消し手数料などはeJALポイントから優先して支払うことになる。
  • 「おともでマイル」の同行者運賃がeJALポイントで支払えなくなる。

国内線ではやはりおともでマイルの件が改悪点になりますね。今まではマイルから(途中eJALポイントに交換して)全部支払えたのが、同行者はお金で支払うということになります。

 

国際線航空券

混同してしまいそうですが、国内線と反対になる部分があります。わかりづらい、微妙。

  • 予約変更時の運賃税等の差額や変更手数料の支払いが可能。
  • 複数会員のeJALポイントでの支払いができなくなった。<ログイン会員のeJALポイントのみ支払い可能>
  • 予約途中でeJALポイントに交換できなくなるので、支払い操作を行うときはあらかじめeJALポイントに交換しておかなければならない。

 

国際線特典航空券

  • 税金・燃油サーチャージ等に支払えなくなる。

 

とeJALポイントだけでいろいろ変更点があります。管理人妻の友人は修行せずにJGCになっているほんとの上級会員さんで、出張で貯まったマイルはツアーで支払っていたというので、そういう人にとってはとても使い勝手がよくなりそうですね。

eJALポイントだけで長くなってしまったので、また続編を書きます。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク