JALどこかにマイル南の島が2018年5月24日から開始されます。

2017年の日経優秀製品・サービス賞、優秀賞、日経MJ賞を受賞した、JALのどこかにマイル。今までは羽田・大阪発のみでしたが、「どこかにマイル 南の島」では、那覇・鹿児島発着で離島などへの路線のどこかに行ける特典航空券が開始すると発表されています。



スポンサーリンク

 

 

どこかにマイル、と言えば使ったことは無くても、一度は使ってみたいな~と思っているJALマイラーも多いはず。

とてもお得な必要マイル数で特典航空券が取れるので、管理人もぜひ使ってみたいと思っていますが、せっかく行くなら家族や夫婦で行きたいと思うと、なかなか予定が合わなかったりで未だ利用できずにいますが。

では2018年5月24日から申込開始の、どこかにマイル南の島についてご紹介します。

 

どこかにマイルとは?

どこかにマイル、とは、JALマイレージバンクのマイルを使って利用できる、国内線特典航空券のひとつです。

自分で行きたい目的地の特典航空券を予約するのが通常だと思いますが、どこかにマイルは申込時に4つの行先、どこかにマイル南の島は3つの行先の中からどこかにJAL側が決める、という特典航空券です。

まるでミステリーツアーのようですが、申込から3日以内に行先が決まります。

自分で行先を決められない代わりに、通常12000マイル以上必要なところ、約半分の6000マイルで利用できるというもの。

今までは羽田・大阪発着のみだったところが、どこかにマイル南の島で那覇・鹿児島発着で離島路線が利用できるようになるということです。

 

どこかにマイル 南の島

では、どこかにマイル南の島だと、どこに行ける可能性があるのでしょうか?

対象路線 那覇発着

沖縄(那覇)- 奄美大島・沖永良部*・与論・南大東・北大東・久米島・宮古・石垣・与那国

先日管理人が旅行に行った石垣島も含まれていますね。

対象路線 鹿児島発着

鹿児島-種子島・屋久島・喜界島・奄美大島・徳之島・沖永良部・与論

鹿児島からだと屋久島も対象になっています。屋久杉を見に行けちゃうかもしれません。

利用日

申込開始:2018年5月24日11時~

搭乗日:2018年7月1日~となっています。

ただ、プレスリリースには、往路搭乗日の1ヶ月前から7日前までの申込となっているんですよね。

プレスリリースどおりだと、開始日に7月1日往路搭乗の航空券は申込できないことになってしまうのですが、まだ開始まで1ヶ月ありますから、これについては何か追加の発表があるのではないかと思います。

友達と一緒に申し込める

マイルを別々に引き落とししたい友達の分も同時に申し込める機能があるので、行先が決定したら、それぞれのマイル口座から引き落としができます。

マイルって人によって価値感はそれぞれですし、お金の様に立て替えて支払っておく、なんてことはできればやりたくないですよね。

メリット

どこかにマイル南の島のメリットは、旅行者からすれば、少ないマイル数で離島への特典航空券が利用出来ることです。

JAL側からとすれば、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界遺産登録に向けての動きを、観光客を呼び込むことによって、盛り上げていこう!ということだそうです。

デメリット

南の島に少ないマイル数で行けるものの、那覇・鹿児島発着のみということ。

那覇・鹿児島に住んでいて、という場合はデメリットにはなりませんが、その他の地域から利用したい場合は、那覇・鹿児島までの交通手段が必要となります。

それが飛行機での路線となると、特に那覇は人気路線でもありますから、利用1ヶ月前だと先得の枠も少なくなってきたり、そこまでが高い料金がかかってしまうことになります。

宿泊を日程よりも少なくできるフリープランの格安ツアーなどと組み合わせると、お得にできるかもしれませんね。

ただ、夏以降は台風の心配が出てきますから、欠航や遅延などもあり得ることを頭に入れて、ゆとりある旅程を組むと良いかと思います。

 

まとめ

どこかにマイルで南の島が出る!と知った時はすごく人気が出そうだなと感じたのですが、発着を見ると管理人にとっては利用できる可能性が低くなりそうなので、ちょっとがっかりしてしまいました。

ただ、今JGC修行などされている人なら、那覇でとんぼ返りではなく、マイルを使って離島へ足を延ばしたりだとか、いろいろな使い方はあるかと思います。

管理人が利用するには、どこかにマイル南の島だけではなく、格安ツアーなどと組み合わせなければなりませんが、お得な特典航空券はぜひ試してみたいです。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク