国内航空機遅延費用、アメックスビジネスゴールドも補償対象でした

今週は【超大型台風】が来てしまっていますね。管理人は今週は大阪で週末に仕事があるため、帰省はしなかったのですが、前回帰省で台風と当たってしまった時のことを思い出し、国内航空遅延費用特約のおさらいを自分でしてみることにしました。そういえばあの時から所持カードが増えたので、アメックスゴールド、アメックスビジネスゴールドの内容についてみてみます。



スポンサーリンク

 

 

まぁ、普通の会社員で副業があるわけでもないので、管理人と同じ立場の人は普通はビジネスカードなんて持たないのがほとんどかと思いますが、アメックスのキャンペーンを利用している場合はアメックスビジネスゴールドカードをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。基本カード会員だけの補償ですが、アメックスビジネスゴールドカードも、国内航空遅延費用特約があったのでご紹介します。

 

アメックスの航空遅延費用特約は?

現在管理人が所有しているのは、アメックスゴールド、アメックスビジネスゴールドになりますが、航空遅延費用特約はそれぞれ違いました。

アメックスゴールドは海外のみに対し、アメックスビジネスゴールドカードは国内のみの補償でした。どちらも利用付帯なので、両方のカードを保持している間は、海外の場合はアメックスゴールドで決済、国内の場合はアメックスビジネスで決済と区分けしてもいいかもしれません。でも管理人は支払い集中しなければなりませんから、とりあえずあと約1年はビジネスゴールド決済となりそうです。

 

国内航空機遅延費用の補償内容

ここではアメックスビジネスゴールドカードでの国内航空機遅延費用についてまとめていきたいと思います。

基本カード会員様ご本人が国内出張の際に、カードでチケットを購入された航空便において遅延・欠航が発生した場合、臨時に出費したご宿泊料金やお食事代を補償いたします。 また、手荷物の到着遅延や紛失により負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償いたします。

基本カード会員だけなので、追加カード会員は補償適用外です。以前ご紹介したdカードゴールドや、ほかのカードもこの特約が付くものもありましたが、アメックスビジネスゴールドはJCBゴールドや三井住友VISAプラチナと同様の補償金額でした!これなら4時間以上の遅延や欠航での食事費用が2万円までになります。dカードゴールドだと1万円までなので、もうちょっと贅沢な食事が出来ちゃいます。今週帰省できてたら、関空行きの飛行機が遅延になりそうなので、体験できていたかもしれません。なにごとも自分で体験してみないと手続きやルールはわかりませんから、そのうちこういった事例に出会ったらぜひレポートしたいと思います。

 

まとめ

管理人の場合は帰省だと往復とも最終便利用となるため、遅延・欠航してもこういった補償があるかどうか後から気づいても食事できる場所の営業が終了してしまう恐れがあります。アメックスの補償に限らず、ほかのカードであっても、あらかじめ知っておくのが大事で、遅延ならば4時間以上になる見込みになったら食事したレシートは取っておくことが重要ですね。

にほんブログ村 小遣いブログ JALマイル・JGC修行へ


スポンサーリンク